ツール・ド・フランス史上最悪のクラッシュ誘発の女性がいよいよ法廷へ

Written By Yasuaki Shingu
ツール・ド・フランス初日のクラッシュ直後の模様
Getty Images

2021年6月26日、世界3大自転車レースのひとつツール・ド・フランスの初日に起こった、史上最悪とも揶揄されたクラッシュを誘引したフランス人女性が、現地時間10月14日、法廷に立つ。女性は当局から2つの罪で起訴され、プロサイクリング協会からは"1ユーロの損害賠償"を求められているという。

クラッシュ事故は、ツール・ド・フランスの初日、ブリタニー北西部のブレストとランデルノーの間のコースにおいて発生した。黄色いレインコートを着た当時30歳のフランス人女性が車道に踏み込み、中継カメラの方を向いて「Allez Opi-Omi(Go、おじいちゃんとおばあちゃん)」と書かれた看板を掲げたタイミングで、ライダーが接触転倒。ツアーの公式記録では26人とされるが、実力者クリストファー・フルーム(英国)らを含むおよそ50人近くのライダーを巻き込む大クラッシュとなった。特に重いケガを負った4人のライダーがレースからのリタイアを余儀なくされた。

事故直後その場から逃走した女性は5日後に地元警察に逮捕され、事情聴取を受けた。当初、大会主催者は、犯人に対して強固な法的措置を取ると表明していたが、逮捕女性に対するネット上のバッシングが過激化した経緯から法的措置行使を取り下げた。

ただ、女性は「他人を危険にさらした」および「意図しないケガを負わせた」事実により、3か月後、地元の刑事裁判所に召喚されると報道されていた。その裁判の日がいよいよ今週末、10月14日に迫っている。

オーストラリアメディアの『news.com.au』によると、現在31歳の女性は刑事訴追され、15,000ユーロ(約196万円)の罰金と1年の懲役刑がくだされる可能性があると伝える。

さらには、プロの自転車選手の利益を保護する国際的非営利団体・プロサイクリスト協会(CPA)からは、「1ユーロ(約132円)損害賠償」が求められている(初出時「民事訴訟が起こされた」と記述しましたが、「同刑事裁判内での賠償請求」であり、お詫びして訂正いたします)。これは観客によるクラッシュ事故の抑止を踏まえた象徴的な損害賠償請求で、世間に「ライダーの安全についての主張と、アスリートを尊重する認識を高めるため」だという。

CPAの代理人は、「私たちが求めた1ユーロの補償は、マルク・ソレル(スペイン)の両腕の骨折や、トニー・マルティン(ドイツ)や他のライダーが地面に叩きつけられた結果に見合うものではありませんが、象徴的な価値があると考えています」と声明を出している。

▶サイクルロードレースを観るならDAZNで。1か月間無料トライアルを今すぐ始めよう

最新ニュース

北京五輪歓迎のマスコットたち
全豪OPワクチン義務化問題の最中、北京五輪のプレイブック公開…未接種者は21日間隔離で出場可
全豪OPワクチン義務化問題の最中、北京五輪のプレイブック公開…未接種者は21日間隔離で出場可
タイソン・フューリーと妻パリス
タイソン・フューリーは35歳で引退か…妻は「40歳で戦う夫を見たくない」
タイソン・フューリーは35歳で引退か…妻は「40歳で戦う夫を見たくない」
Jaylen Brown Lauri Markkanen John Collins
ジェイレン・ブラウンやラウリ・マルカネンなど、現地25日の試合で続々と強烈ダンク
ブラウンやマルカネンらが強烈ダンク
ロブ・マクラッケンとアンソニー・ジョシュア
ジョシュアは現コーチ・マクラッケンとの関係を維持…プロモーターが証言
ジョシュアは現コーチ・マクラッケンとの関係を維持…プロモーターが証言
DeMar DeRozan Chicago Bulls
デマー・デローザンが古巣相手に26得点、ブルズがラプターズを下して開幕4連勝
デローザンが26得点、ブルズ開幕4連勝