【オープン戦】ジョーンズの2打席連続適時打などでオリックスが勝利、ヤクルトは村上に一発

Written By Sporting News
オリックス-ジョーンズ
時事通信

■関連コンテンツ

<オリックス7-6ヤクルト|3月10日・京セラドーム>

3月10日、京セラドームで行われたオリックス対ヤクルトのオープン戦は、オリックスが7-6で勝利した。

オリックスは初回、ジョーンズの適時打で1点を先制する。続く2回には太田椋、佐野皓大、ジョーンズに適時打が飛び出すと、モヤには本塁打が生まれ一挙6得点。7-0と大きくリードを広げる。

投げては先発の山崎福也が5回1失点と好投。その後、中継ぎ陣がヤクルト打線に追い上げられるも逃げ切った。

オープン戦第1号本塁打を放ったモヤは、「打ったのは高めのスライダーだと思う。いい感じで打てているし、少しずつ状態も上がってきているよ。このままシーズンに向けてしっかりと調子を上げていけるように頑張るだけだね!」とコメントした。

ヤクルトは先発の石川雅規が2回途中7失点と大乱調。しかし、その後は中継ぎ陣が踏ん張りオリックス打線に得点を許さない。

一方の打線は村上宗隆と濱田太貴が本塁打を放つなど追い上げたが、わずかに及ばなかった。

最新ニュース

巨人-坂本勇人
【巨人】岡本、坂本、丸と主軸の適時打で広島に大勝、戸郷が9勝目
【巨人】岡本、坂本、丸と主軸の適時打で広島に大勝、戸郷が9勝目
ヤクルト-中村悠平
【ヤクルト】中村の決勝打でDeNAに勝利、今季初の首位浮上
【ヤクルト】中村の決勝打でDeNAに勝利、今季初の首位浮上
中日-ビシエド
【中日】ビシエドと木下の適時打で阪神に勝利、松葉が5勝目
【中日】ビシエドと木下の適時打で阪神に勝利、松葉が5勝目
西武-スパンジェンバーグ
【西武】スパンジェンバーグが左膝の治療のため帰国、今季は61試合で7本塁打
【西武】スパンジェンバーグが左膝の治療のため帰国、今季は61試合で7本塁打
広島-九里亜蓮
【9月22日(水)】広島東洋カープvs読売ジャイアンツの中継/放送予定【テレビ・ネット】
【9月22日(水)】広島東洋カープvs読売ジャイアンツの中継/放送予定【テレビ・ネット】