カイリー・アービングが今季自己最多45得点もネッツ黒星、マブスが連勝

Written By NBA Japan
Kyrie Irving Brooklyn Nets Luka Doncic Dallas Mavericks
NBA Entertainment

5月6日(日本時間7日)にアメリカン・エアラインズ・センターで行なわれたブルックリン・ネッツ対ダラス・マーベリックスの一戦は、113-109でマーベリックスが勝利した。

1点ビハインドで第4クォーターを迎えたマーベリックスは、残り7分32秒にドワイト・パウエルのレイアップから連続7得点。その後はそのままリードを保って逃げ切り、連勝を飾っている。

今季のネッツ戦全勝のマーベリックスは、ルカ・ドンチッチが24得点、10リバウンド、8アシスト、ティム・ハーダウェイJr.が23得点、6リバウンド、ドリアン・フィニー・スミスが17得点、8リバウンドをマークした。

一方のネッツは、カイリー・アービングがフィールドゴール31本中17本成功(3P13本中7本成功)で今季自己最多の45得点、5リバウンド、4アシスト、4スティール、2ブロック、ケビン・デュラントが20得点、9リバウンド、ブレイク・グリフィンが10得点、10リバウンドを記録している。

今季最多の貯金10としたマーベリックスは、ロサンゼルス・レイカーズに0.5ゲーム差でウェスタン・カンファレンスの5位。一方、今季最長の4連敗となったネッツは、イースタン・カンファレンス2位で首位フィラデルフィア・76ersに2.5ゲーム差となった。

マーベリックス(38勝28敗)は、7日(日本時間8日)に再びホームでクリーブランド・キャバリアーズと、ネッツ(43勝24敗)は8日(同9日)に敵地でデンバー・ナゲッツと対戦する。

ボックススコア


NBA公式動画をチェック!

最新ニュース

NBA Official Ball
最新の新型コロナウイルス検査で陽性者なし
新型コロナウイルス検査で陽性者なし
ホークス対バックス
【試合情報】東地区決勝 アトランタ・ホークス対ミルウォーキー・バックス第1戦
東地区決勝 ホークス vs バックス第1戦
NBA_Playoffs_Logo_16x9
【特集】NBAプレイオフ2021
【特集】NBAプレイオフ2021
Deandre Ayton
ディアンドレ・エイトンの決勝アリウープダンクに対するNBA選手たちのリアクション
エイトンの決勝ダンク、NBA選手のリアクション
Deandre Ayton
ディアンドレ・エイトンの逆転アリウープダンクでサンズがクリッパーズに連勝
サンズがクリッパーズに連勝