NBAファイナル第1戦、カナダで史上最多の視聴者数を記録

Written By NBA Japan
Golden State Warriors Toronto Raptors
NBA Entertainment

2つの大きな理由から、NBAファイナル第1戦の視聴数が減るとみていたNBAは正しかった。

📺 NBAファイナル2019全試合配信(Rakuten TV / NBA公式視聴サービス)

その理由とは、ひとつはレブロン・ジェームズがいないこと。もうひとつは、カナダの数字が反映されないということだ。

『ESPN』は5月31日(日本時間6月1日)、トロント・ラプターズとゴールデンステイト・ウォリアーズのNBAファイナル第1戦の視聴率が10.1%だったと明かした。過去10年のファイナル第1戦で最低の数字だ。だが、これはアメリカ式で算出されないカナダの数字が反映されないためだ。そして、カナダでは史上最も視聴者が多かったNBAの試合となった。

31日、NBAコミッショナーのアダム・シルバーは「感覚的なことはさておき、レーティングの現実性というものがある」と述べた。

「もちろん、私はそれらにも大きな注意を払っている。歴代最多の視聴数となったカナダでの数字にもね。アメリカにおけるテレビ業界の変化は分かっている。少し数字が落ちることは分かっていたんだ。2つのアメリカ市場でないことと、9年ぶりにジェームズがいないからね」。

一方、カナダのチームにとって初のファイナルの試合は、『Sportsnet』で740万人と史上最多の数字を記録した。人口の約20%にあたる数字だ。『Sportsnet』は、カナダでは視聴者数330万人、終盤に410万人に達するのが通常と明かした。

シルバーは現在の数字について「過度に心配はしていない」と述べている。

「だがもちろん、注意は払っている」。

原文: NBA Finals ratings released, Canada sets records by NBA.com​


最新ニュース

Head Coach Gregg Popovich San Antonio Spurs Damian Lillard Portland Trail Blazers
デイミアン・リラード、東京五輪出場を決めた大きな要因はグレッグ・ポポビッチHC
リラード、五輪出場の大きな要因はポポビッチHC
Kawhi Leonard LA Clippers
クリッパーズ、カワイ・レナードはジャズとの第6戦も欠場へ
レナードは第6戦も欠場へ
NBA Wilson Official ball
NBAのウイルソン製新公式球が公開
ウイルソン新公式球が公開
Khris Middleton Milwaukee Bucks
クリス・ミドルトンがプレイオフ自己最多の38得点、バックスが第6戦に勝利で勝負は第7戦へ
勝負は第7戦へ
2020-21 NBA オールルーキチーム
2020-21 NBAオールルーキーチーム発表
2020-21 NBAオールルーキーチーム発表