ボーヤン・ボグダノビッチとラッセル・ウェストブルックが第20週の週間最優秀選手に選出

Written By YOKO B
ボーヤン・ボグダノビッチ ラッセル・ウェストブルック 週間最優秀選手
NBA.com

5月10日(日本時間11日)、NBAが2020-21シーズン第20週(現地2021年5月3日~9日)の週間最優秀選手を発表し、ウェスタン・カンファレンスからユタ・ジャズのボーヤン・ボグダノビッチ、イースタン・カンファレンスからワシントン・ウィザーズのラッセル・ウェストブルックが選出された。

通算2度目の選出となったボグダノビッチは、チームが全勝した4試合で、平均29.3得点(フィールドゴール成功率62.3%、3ポイントショット成功率53.8%)、4.5リバウンド、1.5アシストを記録。3日(同4日)と5日(同6日)のサンアントニオ・スパーズとの連戦では、それぞれ25得点(FG17本中10本成功)、24得点(FG13本中10本成功)という安定の活躍で、ドノバン・ミッチェルを欠くジャズを牽引した。

ボグダノビッチは、さらに7日(同8日)のデンバー・ナゲッツ戦で、48得点(FG23本中16本成功)をあげ、ブルックリン・ネッツ時代の2016年に記録した自己最多得点(44得点)を更新。翌8日(同9日)のヒューストン・ロケッツ戦では、20得点、5リバウンド、2アシストをマークして、ジャズの今季50勝目に貢献している。

ボグダノビッチが週間最優秀選手に選ばれたのは、インディアナ・ペイサーズ時代の2019年2月以来であり、また、ジャズの選手が選ばれたのは2019年3月のルディ・ゴベア以来初となる。

一方、通算20回目の選出となったウェストブルックは、チームが3勝1敗の成績を残した4試合で、平均22.3得点(FG成功率45.2%)、17.3リバウンド、18.3アシストをマークし、NBA史上初めて、4試合にわたって平均22得点以上、18アシスト以上、17リバウンド以上を記録した選手となった。

この週、ウェストブルックは、4試合すべてでトリプルダブルを達成したほか、4試合連続で15アシスト以上を記録。これは球団史上初であるとともに、リーグでも2016年のラジョン・ロンド以来初めての記録となった。ウェストブルックはまた、4試合以上連続で12リバウンド以上を記録しており、これは今季4回目である。

ウェストブルックは、3日(同4日)のペイサーズ戦で、14得点、24アシスト、21リバウンドをあげ、20アシスト以上かつ20リバウンド以上を記録したNBA史上3番目の選手となった。24アシストは、自己最多タイ記録であると同時に、ウィザーズの球団タイ記録でもある。

さらにウェストブルックは、オーバータイムの末に133-132で勝利した8日(同9日)のペイサーズ戦で、33得点、19リバウンド、15アシストを記録して通算181回目のトリプルダブルを達成し、オスカー・ロバートソンの史上最多記録に並んでいる。


NBA公式動画をチェック!

最新ニュース

Head Coach Gregg Popovich San Antonio Spurs Damian Lillard Portland Trail Blazers
デイミアン・リラード、東京五輪出場を決めた大きな要因はグレッグ・ポポビッチHC
リラード、五輪出場の大きな要因はポポビッチHC
Kawhi Leonard LA Clippers
クリッパーズ、カワイ・レナードはジャズとの第6戦も欠場へ
レナードは第6戦も欠場へ
NBA Wilson Official ball
NBAのウイルソン製新公式球が公開
ウイルソン新公式球が公開
Khris Middleton Milwaukee Bucks
クリス・ミドルトンがプレイオフ自己最多の38得点、バックスが第6戦に勝利で勝負は第7戦へ
勝負は第7戦へ
2020-21 NBA オールルーキチーム
2020-21 NBAオールルーキーチーム発表
2020-21 NBAオールルーキーチーム発表