八村塁が欠場のウィザーズはウォリアーズに勝利し6連勝

Written By NBA Japan
Bradley Beal
NBA Entertainment

4月21日(日本時間22日)、ワシントンDCのキャピタル・ワン・アリーナで行なわれたゴールデンステイト・ウォリアーズ対ワシントン・ウィザーズの一戦は、ブラッドリー・ビールが29得点、10リバウンドと活躍したウィザーズが118-114で勝利した。

ウィザーズはこれで今季最長となる6連勝で、直近の10試合では8勝2敗と好調だ。同日、シカゴ・ブルズが敗れたことでウィザーズはイースタン・カンファレンス10位に順位を上げた。八村塁は左ヒザの痛みで2試合連続で欠場している。

前半最大19点差のリードを作ったウィザーズだが、第2クォーター中盤にウォリアーズの猛反撃を許し、試合は接戦となった。

86-93のスコアで最終クォーターを迎えたウィザーズは、試合終盤に反撃を見せた。試合残り2分44秒にビールがドライブから得点した際に、ドレイモンド・グリーンからこの日6個目となるファウルを引き出し退場に追い込んだ。

さらにビールが残り2分でダービス・ベルターンスの逆転3ポイントショットをアシストし、ウィザーズはその後リードを維持し、勝利をもぎ取った。

ラッセル・ウェストブルックは14得点、20リバウンド、10アシストと今季27回目のトリプルダブルを達成。しかしスコット・ブルックス・ヘッドコーチが称賛したのは彼のディフェンスだった。

「その点においてラッセルはあまり評価されることはないだろう。しかし彼は(カリーに対して)いいディフェンスを見せ、プレッシャーを与え続けることでタフショットを生み出していた」。

ウィザーズはビールとウェストブルックのほかにベルターンスとダニエル・ギャフォードがそれぞれ19得点、ハウル・ネトが18得点をマークした。

前半終盤にはウィザーズのルーキーであるデニ・アブディヤが右足首を負傷し、途中退場となった。『ESPN』のエイドリアン・ウォジナロウスキー記者によれば、レントゲン検査の結果、右足首の骨にヒビが見られるためシーズンの残りを欠場することが見込まれている。

敗れたウォリアーズは、ケリー・ウーブレイJr.が24得点、9リバウンド、ジョーダン・プールが22得点、ケント・ベイズモアが19得点、9リバウンド、ステフィン・カリーが18得点、7リバウンド、8アシストを記録。カリーの30得点以上連続試合記録は11で途絶えた。

25勝33敗のラプターズは次戦、23日(日本時間24日)に敵地でオクラホマシティ・サンダーと対戦する。一方、29勝30敗のウォリアーズは23日(同24日)にホームでデンバー・ナゲッツを迎える。

ボックススコア


NBA公式動画をチェック!

最新ニュース

Anthony Edwards Minnesota Timberwolves
ドラフトロッタリー、参加チームの代表にアキーム・オラジュワンや昨年1位指名アンソニー・エドワーズら
ドラフトロッタリー、オラジュワンやエドワーズらが代表
Fans Phoenix Suns LA Clipper
サンズがファン同士の暴力事件にコメント「容認しません」
サンズ、ファン同士の暴力事件に「容認せず」
Vivint Arena
ソルトレイクシティNBAサマーリーグ開催へ、ジャズのほかスパーズとグリズリーズが参加
ジャズら3チームのソルトレイクシティNBAサマーリーグ開催
デビン・ブッカー ポール・ジョージ
【試合情報】西地区決勝 ロサンゼルス・クリッパーズ対フェニックス・サンズ第2戦
西地区決勝 クリッパーズ vs サンズ第2戦
Giannis Antetokounmpo Milwaukee Bucks John Collins Atlanta Hawks
【東地区決勝展望】バックス対ホークス
【シリーズ展望】バックス対ホークス