八村塁が東京オリンピックについて語る 「日本代表としてプレイすることにワクワクしている」

Written By NBA Japan
八村塁(ワシントン・ウィザーズ)
NBA Entertainment

ウィザーズ公式ポッドキャストで八村塁がプレイオフでの経験やオリンピックについて語る

6月10日(日本時間11日)に更新されたワシントン・ウィザーズの公式ポッドキャスト『OFF THE BENCH』で、八村塁のシーズン終了インタビューが紹介された。八村は英語で実施されたジャクソン・フィリオ記者とのインタビューで、今シーズンを通して感じた自身の成長や、ラッセル・ウェストブルックからのオフシーズンのアドバイス、オリンピック出場に対する思いなどを語っている。

以下、インタビュー内容抄訳。

――選手はキャリア1年目と2年目の間に飛躍的な成長を経験するとよく言われますが、今シーズンを振り返って、どこが一番大きく成長し、どうゲームは改善したと思いますか?

八村:シーズン前にラス(ラッセル・ウェストブルック)がトレードでチームに加入して良いエナジーをもたらしてくれ、チームが大きく変わりました。シーズン序盤にちょっと低迷しましたが、次第に感覚が掴めてきて、僕らは良いチームだと感じ始めたんです。僕自身も、自分の立ち位置を理解して、攻守においてアグレシッブにプレイするようになって、チームのプレイオフ進出に貢献できました。素晴らしいシーズンだったと思います。

――プレイインゲームとプレイオフを通して得たものはなんですか?

八村:コーチや選手、エージェントやいろんな人から「プレイオフは違う」と聞いていましたが、それがどういう意味なのか実際にはわかっていませんでした。でも、やっぱり違いましたね。みんながよりハードにプレイしていて、あらゆるポジションが重要で、レギュラーシーズンとは異なるゲームでした。

選手によっては、例えばアレックス(レン)が6年間プレイオフに出れなかったりするわけで、プレイオフに行くこと自体が大変なことだと思うと、2年目でプレイオフに行けて、主力選手として出場時間をもらえて、素晴らしい経験になりました。この経験は自分のキャリアに確実に活きると思いますね。

――練習でも試合中でも、今シーズンはラスと良い関係が築けているのを我々も目撃してきましたが、ラスからオフシーズンをどう過ごすべきかアドバイスはありましたか?

八村:シーズンが終わったばかりでまだそういう話はできていませんが、オリンピックのことは少し話しました。それと来シーズンに向けた準備もしなくてはいけません。ラスには、「まずはとにかく休んで、精神的にも身体的にも整えるようにすること。そのために自分の好きなことをするといい」と言われました。来シーズンに向けてどう過ごすべきなのかもっと聞いておいたほうがいいですね。

――オリンピックの話が出ましたが、もうすでに日本代表チームは練習を始めているんですよね? どういう予定ですか? 日本で日本を代表してプレイすることについてワクワクしていますか?

八村:ワクワクしていますね。ずっと長い間楽しみに待っていましたから。今はまだシーズンが終わったばかりなので少し休みたいですし、いろいろ考えることもありますが、もちろんオリピックには出たいです。一方で、来シーズンの準備もしたいですし、ちょっと複雑な心境ではありますね。うまく調整できるといいなと思っています。

翻訳:Yoko B Twitter: @yoko_okc


NBA公式動画をチェック!

最新ニュース

Head Coach Gregg Popovich San Antonio Spurs Damian Lillard Portland Trail Blazers
デイミアン・リラード、東京五輪出場を決めた大きな要因はグレッグ・ポポビッチHC
リラード、五輪出場の大きな要因はポポビッチHC
Kawhi Leonard LA Clippers
クリッパーズ、カワイ・レナードはジャズとの第6戦も欠場へ
レナードは第6戦も欠場へ
NBA Wilson Official ball
NBAのウイルソン製新公式球が公開
ウイルソン新公式球が公開
Khris Middleton Milwaukee Bucks
クリス・ミドルトンがプレイオフ自己最多の38得点、バックスが第6戦に勝利で勝負は第7戦へ
勝負は第7戦へ
2020-21 NBA オールルーキチーム
2020-21 NBAオールルーキーチーム発表
2020-21 NBAオールルーキーチーム発表