ウィザーズがサンダーに勝利で7連勝、八村塁は3試合連続欠場

Written By NBA Japan
Russell Westbrook Washington Wizards
NBA Entertainment

4月24日(現地時間23日)にチェサピーク・エナジー・アリーナで行なわれたワシントン・ウィザーズ対オクラホマシティ・サンダーの一戦は、129-109でウィザーズが勝利した。左ひざを痛めている八村塁は、3試合連続で欠場している。

2点差をつけて前半を終えたウィザーズは、第3クォーター開始から10-2のランでリードを広げると、10点差で迎えた第4Qに突き放して7連勝を飾った。

ウィザーズはラッセル・ウェストブルックが古巣相手に37得点、11リバウンド、11アシストを記録し、4試合連続、ここ16試合で14回目、今季28回目のトリプルダブル達成。通算174回目のトリプルダブルでオスカー・ロバートソンの最多記録(181)にさらに近づいている。

そのほか、ウィザーズはブラッドリー・ビールが33得点、6リバウンド、ハウル・ネトが15得点をマーク。ビールは「初日からファンタスティックだった」と、ウェストブルックとのケミストリーが向上していると話した。

「僕たちは互いを受け入れた。それぞれのプレイをリスペクトしているんだ。彼は僕らをより良いチームにしていると感じる。チームメイトたちを向上させ、自分にもチャレンジしているんだ」。

ウィザーズはイースタン・カンファレンスの10位につけており、9位インディアナ・ペイサーズとは1.5ゲーム差。11位シカゴ・ブルズと12位トロント・ラプターズに1ゲーム差をつけている。

スコット・ブルックス・ヘッドコーチは「集中を保って黙々と続けなければいけない」と話した。

「我々はまだ何も成し遂げていない。7連勝は素晴らしいが、まだやるべき仕事はたくさんあるんだ。まだ自分たちが望むところにたどり着いていない。(プレイオフ出場争いに)とどまり、あとはどうなるか、誰にも分からない。上昇を続けられるかもしれないね」。

一方、球団ワースト記録まであと1となる13連敗となったサンダーは、ダリアス・ベイズリーが20得点、6リバウンド、5スティール、新人テオ・マレドンが20得点、8アシスト、ルーゲンツ・ドーツとアイザイア・ロビーが各18得点、8リバウンドを記録した。

ウィザーズ(26勝33敗)は26日(現地時間25日)に本拠地キャピタル・ワン・アリーナでクリーブランド・キャバリアーズと、サンダー(20勝40敗)は27日(同26日)に敵地でフィラデルフィア・76ersと対戦する。

ボックススコア


NBA公式動画をチェック!

最新ニュース

NBA Official Ball
最新の新型コロナウイルス検査で陽性者なし
新型コロナウイルス検査で陽性者なし
ホークス対バックス
【試合情報】東地区決勝 アトランタ・ホークス対ミルウォーキー・バックス第1戦
東地区決勝 ホークス vs バックス第1戦
NBA_Playoffs_Logo_16x9
【特集】NBAプレイオフ2021
【特集】NBAプレイオフ2021
Deandre Ayton
ディアンドレ・エイトンの決勝アリウープダンクに対するNBA選手たちのリアクション
エイトンの決勝ダンク、NBA選手のリアクション
Deandre Ayton
ディアンドレ・エイトンの逆転アリウープダンクでサンズがクリッパーズに連勝
サンズがクリッパーズに連勝