八村塁がマブス戦で18得点を記録、接戦で競り負けたウィザーズは3連勝ならず

Written By NBA Japan
Rui Hachimura Washington Wizards
Getty Images

5月2日(現地1日)、ワシントン・ウィザーズの八村塁がアメリカン・エアラインズ・センターで行なわれたダラス・マーベリックス戦に先発出場した。

八村は28分34秒の出場でフィールドゴール11本中7本成功(3ポイントショット2本中1本成功、フリースロー5本中3本成功)の18得点、2リバウンドを記録した。パーソナルファウルは3、ターンオーバーは2、出場時のチームの得失点差を示すプラスマイナスはマイナス3だった。チームは124-125で競り負けている。

開始早々にターンオーバーがあった八村は、14点ビハインドの第1クォーター残り6分40秒にジャンプショットでこの日初得点。FG4本中2本成功の5得点をあげ、第2Qに2得点を加えた。

後半、第3Q残り4分44秒には、ドライブからのレイアップを決め、二桁得点を達成。さらにファウルももらったが、FTは決められず、残り4分21秒でベンチへ。残り7分7秒から登場した第4Qは、残り2分27秒にトップから3Pを決め、チームを2点リードに導いた。

だが、ウィザーズは接戦となった終盤、残り26.1秒にブラッドリー・ビールのフリースローで2点をリードしたものの、残り9.3秒にルカ・ドンチッチのアシストからドリアン・フィニー・スミスの3Pを許す。起死回生を狙ったビールの3Pは決まらず、ここ15試合で3敗目となる黒星を喫した。

ウィザーズはラッセル・ウェストブルックが42得点、10リバウンド、9アシスト、ビールが29得点、ハウル・ネトが8得点、9リバウンドを記録している。

一方のマーベリックスは、ルカ・ドンチッチが31得点、自己最多の20アシスト、12リバウンドで22試合ぶりのトリプルダブル達成。30得点&20アシスト超のトリプルダブルは、ウェストブルック、マジック・ジョンソン、オスカー・ロバートソンに続く4人目となる。

そのほか、マーベリックスはフィニー・スミスが22得点、マキシ・クレーバーが17得点、ティム・ハーダウェイJr.が16得点をあげた。

イースタン・カンファレンス10位のウィザーズ(29勝35敗)は、4日(現地3日)にインディアナ・ペイサーズをホームに迎える。3連勝で貯金を今季最多の9とし、36勝27敗とロサンゼルス・レイカーズと並んだマーベリックスは、ウェスタン・カンファレンスの5位に。次戦は3日(同2日)、再びホームでサクラメント・キングスと対戦する。

ボックススコア


NBA公式動画をチェック!

最新ニュース

Head Coach Gregg Popovich San Antonio Spurs Damian Lillard Portland Trail Blazers
デイミアン・リラード、東京五輪出場を決めた大きな要因はグレッグ・ポポビッチHC
リラード、五輪出場の大きな要因はポポビッチHC
Kawhi Leonard LA Clippers
クリッパーズ、カワイ・レナードはジャズとの第6戦も欠場へ
レナードは第6戦も欠場へ
NBA Wilson Official ball
NBAのウイルソン製新公式球が公開
ウイルソン新公式球が公開
Khris Middleton Milwaukee Bucks
クリス・ミドルトンがプレイオフ自己最多の38得点、バックスが第6戦に勝利で勝負は第7戦へ
勝負は第7戦へ
2020-21 NBA オールルーキチーム
2020-21 NBAオールルーキーチーム発表
2020-21 NBAオールルーキーチーム発表